夫婦+娘+猫2匹で鎌倉暮らし






スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
プリンちゃん

再度ご報告です。

先日三毛猫グリコ、無事優しい里親さんの元にまいりました。

(しかも、港区高輪在住のお医者さん!!!)

グリコは、引っ越してきた日に、

三鷹からトラックで一緒に鎌倉に来たこ。

ちっちゃくて、獣臭いグリコに、先住民ピノコがシャーシャー言いまくっても、

とことことピノコにくっ付いていったグリコ。



こうやって三毛2人で窓の外を見るのがお決まりでした。





あんまり書くと、思い出して寂しくなるので、あんまり書けないんですが、、、。

とっても手のかからないいいこでした。

グリコが乗った車が言ってしまった時、

久しぶりにわんわん泣いてしまい、

3日間くらい、グリコの写真が見れませんでした。

でも、引き取ってくださった里親さんが、マメに近況を報告知ってくださり、

その度に、安心して、そして、少し寂しくなり、、、、。




しかし、本日届いた写真がこれ。

超馴染んでる。

お綺麗なベットにデーンと寝ておりますね。

先住猫ちゃんとも打ち解けてきているようで、

なーんだよ。割とさっぱりしてるな。

私がこんなに悲しい思いしてたのに。

。。本当、良かった。

そうそう、今までのことは忘れてくれていいから、

これからの人生を楽しむのだよ。

名前も、グリコからプリンと改名されたそうで、

(セレブっぽいですね)

鎌倉のお母さんは、グリコの今後の幸せを切に祈っております。

猫たち comments(0) trackbacks(0)
ペロ 巣立ち
 今日、我が家で生まれ1年一緒に暮らした黒猫ペロが

無事、新しい里親さんに引き取られていきました。

昨日までは、もう二度と会えないとおもうと、猛烈に悲しくて、

昨日は私の方から寄り添って一緒に寝ました。

里親になってくれるM君は、もとの職場の上司が紹介してくれた大学生。

家族で飼っていた猫を5年前になくして以来ずーっと飼えなかったと言っていました。

ようやく、今、また家族で猫を飼いたいと思ったときに、

タイミングよく、うちのペロの話を元上司がしてくれました。

初めてあった彼は、とても礼儀正しく、とても猫好きだというのがすぐ伝わってきました。

鎌倉まで大きな猫キャリーをもって電車でわざわざ石神井からやってきてくれました。

私が、

「猫って、2ヶ月ぐらいで忘れちゃうんだって。

だから、名前も、別にペロじゃなくても、何か決めてたら変えて」

というと

「前のジローも、もらったときからジローだったんで、ペロも、ペロのままです」

といってくれました。

「出来れば、近しい人にお願いしたかったから、うれしい」

というと、

「僕も、近い人からもらったほうが安心だったので」

と。

「もう1歳なのに、なんで、子猫じゃなくて、うちのこだったの?」

ときくと、

「子猫でも良いけど、別に子猫じゃなくても良いんです」

なんか、そこにジーンときちゃって。大丈夫だと、確信しました

懐かしそうにジローの話も聞かせてくれました。

やさ〜しくやさ〜しくペロをなでるM君にペロはうっとりしてて、

なんか、寂しく辛く別れるんだと思っていたのに、

とても安心して、清々しく見送ることが出来ました。

帰り際、M君は

「逐一、ペロ近況お伝えします!」

と言って、やさーしくキャリーをもって帰ってきました。

M君、ペロをよろしくお願いします。

明後日は、グリコです。

グリコも、素敵な里親さんに出会えますように。。。。







猫たち comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |